借金の利息について

利息制限法の上限金利よりも高い金利で借金していた場合


スポンサーリンク


利息制限法の上限金利よりも高い金利で借金していた場合


消費者金融やクレジットカードなどの銀行以外からお金を借りた場合には、
多くの場合には、年20%を超える金利を取っているところが多いです。
これは、出資法の上限である、29.2%金利で利息を取っている貸金業者が
多い為です。



本来は、ほとんどの貸金業者の場合には、利息制限法の範囲内の金利である
年間の金利の上限15%〜20%(*1)でお金を貸し出すことになっています。

*1:利息制限法の上限金利は、貸し付け金額によって、15%〜20%
  幅があります。



利息制限法には、利息制限法の上限金利を超えて貸付を行なっても良いという
「みなし弁済規定」という例外規定がありますが、この例外規定を利用出来る
貸金業者は、厳密な規定にそって貸し付けを行なう必要があり、実際に、
この「みなし弁済規定」を利用出来る貸金業者は、少ないようです。



このような事から、貸金業者からお金を借りている人の多くの場合には、
本来、支払うべき利息以上にお金を返済しているケースが多くあるようです。


貸金業者が「みなし弁済規定」の場合を除き、利息制限法の上限金利を超えて、
お金の貸し付けを行なっている場合には、利息制限法の違反に当たります。


このように、利息制限法の違反をしている場合には、利息制限法上限金利を
超える部分の利息
については無効となりますので、上限金利を超えている利息の
支払いは行う必要はありません。



このような場合には、利息制限法上限金利の基づいて、利息の再計算を行なう
事により、返済すべき利息を減らす事ができます。

このような利息の再計算の事を利息の引き直しと言います。






スポンサーリンク


2007年06月24日 02:56