「ア行」の用語集

頭金(あたまきん)とは?


スポンサーリンク


ここでは、「頭金(あたまきん)」の用語の説明をしています。借金返済について調べている時に、「頭金」についての意味を調べて知りたいと思っている場合に参考にして貰えればと思います。



頭金(あたまきん)の用語解説


頭金とは、借金やローンなどをしてお金を用意する場合でも、住宅などの高価な買い物をする時に、あらかじめ自己資金であるていどのお金を貯めておき、そのお金を購入代金の一部に当てる資金のことを言います。

頭金が利用される事が多いのは、住宅購入などで銀行からの融資を受ける場合です。住宅を購入する場合には、多くの人が銀行などから住宅ローンを利用して返済していくという人が多いと思います。

この時に、例えば、住宅を購入する場合には、全額を住宅ローンで銀行などからお金を準備するのではなく、一部を頭金として自己資金を利用することになります。これは、実際に住宅ローンの融資を銀行にお願いしにいくと分かりますが、実際に住宅を購入する場合には、購入代金の総額の8割程度しか融資してもらえません。

この事から、あらかじめ自分で自己資金をある程度の金額を準備しておかないと住宅ローンを利用する事が出来ませんので、結果的に住宅の購入は出来ないという事になります。

もちろん、住宅ローンの融資については、各銀行によって判断が違うので、人によっては住宅購入金額の100%を融資してもらえる事もあるとは思います。

ただし、住宅を購入する場合には、登記費用や引越し費用などの諸経費も必要になります。この点を考えると、現金もある程度は必要になりますので、頭金を含めて、ある程度の自己資金を準備しておくということが普通ではないかと思います。

また、もしも、かなりの金額を自己資金として持ってると、住宅ローンを借りるときの銀行などの審査も通りやすくなる可能性もありますし、金利優遇などを受けることが出来る可能性も高くなります。

これは、銀行が、どのような人になら安心してお金を貸せるのかと言う事を考えると分かりやすいと思います。しっかりとした収入元を持っているというのは当然大切です。また、しっかりと貯蓄が出来ていて、無駄にお金を使っていない人の方が安心してお金が貸せるのではないかと、私が銀行の融資担当者なら思いますが。。。実際は、それぞれの銀行の担当者によっても考え方の違いがあるでしょうから、色々な銀行を周って相談してみるのがオススメです。

また、大企業と言われるような一流企業に勤めている会社の場合には、会社のメインバンクなどの銀行などだと優遇を受けれる可能性もあると思います。



スポンサーリンク


2013年04月26日 09:06