「ア行」の用語集

暗証番号(あんしょうばんごう)とは?


スポンサーリンク


ここでは、「暗証番号(あんしょうばんごう)」の用語の説明をしています。借金返済について調べている時に、「暗証番号」についての意味を調べて知りたいと思っている場合に参考にして貰えればと思います。




暗証番号(あんしょうばんごう)の用語解説


暗証番号とは、英語で表記した場合には、「Personal Identification Number」と言い、非常にながくなってしまいます。その為、頭文字のみを取って、「PIN」と言われる事もあります。

例えば、カードローンなどの場合で、ATMやCDなどを利用する場合の暗証番号というのは、借り入れを行なう場合に入力する番号のことを暗証番号と言います。

ATMやCDのような機械を使う場合には、暗証番号については、一般的に4桁の数字が利用される事があります。ただし、ネットバンキングなどのようにインターネット経由でのお金のやり取りをする場合には、数字以外にも英字が利用されるような場合もあるようです。

基本的に金融機関についての暗証番号としては、「0000」、「111」などのような全ての桁で同じ番号を連続させているような数字は禁止されている事が多いです。

このほかにも、他人に推測されやすい数字として「生年月日」であったり、「電話番号の一部」、または、「郵便番号」や「番地」などの住所の一部、「生年月日と電話番号の組み合わせ」などのような他人にも連想されやすいような番号というのは利用しないようにするように注意する必要があると金融機関にも言われています。




スポンサーリンク


2013年06月03日 14:29