「ア行」の用語集

一部増額返済(いちぶぞうがくへんさい)とは?


スポンサーリンク


ここでは、「一部増額返済(いちぶぞうがくへんさい)」の用語の説明をしています。借金返済について調べている時に、「一部増額返済」についての意味を調べて知りたいと思っている場合に参考にして貰えればと思います。




一部増額返済(いちぶぞうがくへんさい)の用語解説


一部増額返済とは、借金でお金を借りる時の契約を行う時に決めた金額以上の返済額を返済期間中に支払う事によって、借金のローンの残額を減らすことが出来る借金の返済方法になります。

通常は、決まった金額を返済すると言うことになるので、決められた金額を決められた回数で支払うのが通常です。

しかし、一部増額返済などを行なうように、決まった金額以上の金額を返済する事によって、返済期間、返済回数が当初の想定と比較すると短くなるので、結果的に一部増額返済を行う事によって、返済期間が短くなります。

この返済期間が短くなることによって、金利が少なくなるという事になるので、その結果、借金の総返済額を減らすことが出来るというメリットがあります。

このような一部増額返済を行なう権利というのは、原則としては、債務者が持っている権利と言う事になります。このようなケースと同じように債務者が持つ権利としては、当初の契約時の約定返済日よりも早く借金の返済する権利も持っていることになります。



スポンサーリンク


2013年07月16日 21:20