借金の取り立てについて

違法な借金の取り立てについて(その4)


スポンサーリンク


違法な借金の取り立てについて(その4)


ここからは、借金の取り立てについて、違法になる内容についての続きを見て行きたいと思います。



【取立て時の人数】

借金の取り立てを行なう場合には、大人数で取り立てに行く事も違反になります。




【調停などの裁判手続きについて】

借金をしている人や保証人から調停などの裁判手続きについての
連絡があった場合には、借金の返済請求を行なう事を禁止しています。




【任意整理について】

借金の整理に関する権限を弁護士した場合には、「受任通知」が貸金業者に送付されます。
この場合には、借金をしている本人に対して、借金の返済請求を行なう事を禁止しています。




【借金している事の公表】

張り紙や落書きなど、その他の方法をもちいて、借金をしている事を
公表する事を禁止しています。




【健康保険証、運転免許証、年金受給証などの証明書について】

健康保険証、運転免許証、年金受給証などの証明書を貸金業者が借金の担保として
要求してくる場合があるようです。また、実際に担保としてこれらの証明証を
貸金業者に持っていかれている人もいるようです。

このような生活を行なっていくに当たり、必要である証明証を要求する行為は、
違法行為になりますので、既に、証明書を貸金業者に取られている場合でも、
返還請求を行なう事ができます。




【他から借金をして返済するよう求める行為】

借金の返済が出来ない時にクレジットカードを利用して、借金の返済に当てる
ように、貸金業者が要求する事は、貸金業規正法の財務省通達に違反する事になります。

貸金業者によっては、クレジットカードを担保にしてお金を貸し付ける事をする
業者も居るようですが、これは、割賦販売法により違反となっていますので、
このような事をすると罰則があります。





スポンサーリンク


2007年06月24日 02:49